アンコールのブログ

アンコールのブログ

地区大会優秀賞!ピティナ コンクール入賞

update:2022.09.03


– Oさん演奏 ドビュッシー喜びの島 –

ピティナ ピアノコンクール入賞!おめでとうございます!!

今回の通信では、見事ピアノコンクールに入賞したOさん(女性)に突撃取材!

アンコールでピアノを習い始めたきっかけや、なぜコンクールに挑戦しようと思ったのかなど、気になる話をたくさん伺うことができました♪

************************

『ピアノ歴を教えてください。』

私は4歳から高3まで、ピアノを習っていました。
アンコールには、昨年の7月から通い始めました。

 

『アンコールでピアノを習おうと思ったきっかけを教えてください。』

高3になったら受験に専念にするためにピアノをやめ(させられ)たのですが、大学生や社会人になってもずっと、またピアノを習いたいという思いがありました。

社会人になってからは電子ピアノを購入できましたが、転勤が多かったためレッスンに通うことは諦めていました。

2年前、転職で札幌に戻ってきたタイミングで、今後は転勤の可能性がなくなったこともあり、通える教室を探し始めました。

“街中で通いやすそうなピアノ教室”を探していたところ、希望の条件にぴったりなアンコールを見つけたので、すぐに体験レッスンに申し込みそのまま習うことに決めました!


『ピティナのコンクールに挑戦したきっかけを教えてください。』

先生の勧めがあったからです。
大人になってからコンクールに出られるなんて思ってもいなかったので、お声がけいただき嬉しかったです!

ただ、コンクールに出られるほどのレベルまで曲を完成させられるかと、正直不安もありました。

 

ピティナのコンクールで「地区大会優秀賞」した秘訣はなんですか?

秘訣というほどのものではないですが…
子供の頃と違ってプレッシャーもなかったので、入賞を目指す!というよりも、せっかくの経験だから、“楽しもう!”と言う気持ちで臨みました。

当日は手が震えて思うように弾けませんでしたが、楽しんで弾けたと思います。

 

入賞した時の心境はいかがでしたか?

まさか入賞するとは思っていなかったので驚きましたが、とても嬉しかったです!

今後の自信にも繋がりました。

 

仕事とピアノを両立させるコツはなんでしょうか?

私の場合は、“モチベーションを保つこと”です。
アンコールでは、先生が決める曲ではなく自分でやりたい曲を選んで指導を受けられるので、それだけでもモチベーションがアップします。

あとは、YouTubeで色々な人の演奏を聴いて、自分の好みのスタイルを見つけることもやる気に繋がっています。

残業が続いてヘトヘトの時は無理して細かな練習をせず、好きなように弾いていました。
どうしても「練習、嫌だな〜」なんて日は、思い切って寝ちゃいます(笑)

コンクールの時は、半年以上同じ曲を練習し続けなければいけなかったので大変でした。
私はもともと飽きっぽい性格で、コツコツ練習するのが苦手なので…

そのため、オーケストラの編曲を聞いてイメージを膨らませたり、スタジオのグランドピアノを弾きに行ったり、録音してSNSにあげてみたりと、飽きないよう色々と工夫しながら練習していました。

 

今後の目標を教えてください。

弾きたい曲が沢山ありすぎるので、“色々な曲をやりたい”ということと、次コンクールに挑戦する際には“地区大会以上の入賞を狙ってみたい”です!

あとは、人前で弾くときに手が震えて思うように弾けないので…“震えを克服したい”です(笑)

 

そのほかに伝えたいことがあればよろしくお願いします。

コンクールとは離れますが、5月の発表会でみなさんの演奏に触れて、大人になってからピアノを始めるのはとても素敵なことだと思いました。

次の発表会も楽しみです!

************************

今回Oさんに話を伺い、習い続ければ確実にピアノを上手に弾けるようになると感じました!

紹介したピティナのほかにも、さまざまなピアノコンクールがあるので、自分のレベルに合わせて挑戦してみることで練習をする励みになったり、モチベーションを保つことができたりするかもしれません。

コンクールについて興味を持った方は、気軽に先生へ相談してみてください。