アンコールのブログ

アンコールのブログ

*アンコール通信 Vol.2*

update:2021.09.04

もうすぐ音楽の秋ですね♪ピアノライフを楽しんでいますか?

夏のピアノ発表会では生徒さんの素敵な演奏に、私もよい刺激をたくさん!もらいました

さて、今回のアンコール通信は、発表会後に先生のインタビューや生徒さんに発表会の感想をおききいたしました。

———————————————

Q.発表会の時はどのように生徒さんの曲を決めていますか

「曲決めは、ほとんど生徒さんにお任せしています。自分が挑戦したい曲に取り組むのが1番だと思っています。
生徒さんが決めかねている時は、私が決めています」

―発表会に向けて、憧れの曲に挑戦できるのは嬉しいですよね

———————————————

Q.発表会の本番前に、生徒さんへどのようなアドヴァイスをしていますか

「初めて参加される生徒さんには、普段通りに弾けないのは当然なので“最後まで弾けたら大成功です”と話ています。
今回は、初めて発表会に参加された生徒さんも含め、全員最後まで弾ききることができましたので、大成功です!」

「本番で緊張するのは当たり前で、ミスはきっとある!でも演奏中の油断は禁物。という事を常に伝えています。」

―静まりかえった会場のステージで演奏。確かに、とても緊張感が漂っていましたよね…
それでも、生徒さんはみんな凛とした姿勢でピアノに向き合っていて素敵でした

———————————————

Q.生徒さんの発表会の様子について教えてください

「何度か演奏されている方はやはり緊張することにも慣れており、多少の弾き間違えには動じることもなく、演奏をうまくまとめあげる力がついているなと感じました。」

「生徒さんはみんな場数を踏んで、本番でも緊張せずに演奏したい!という思いを持っていらっしゃいます。
アンコールの発表会以外にも札幌で開催している発表会などにも自発的に参加しているので、最初の頃に比べると落ち着いた演奏ができるようになってきていると思いました。」

― 発表会での演奏経験を重ねることで、人前で演奏することに徐々に慣れることができるのですね。
なかには、大好きなアニメ曲を耳コピしてレッスンに励み、本番に臨んだというお子様も!大人顔負けの堂々たる演奏に、痺れました~♪

———————————————

ピアノ発表会を終えた生徒さんからも
「意外と落ち着いて弾けました!」

「本番は凄く緊張したけれど、楽しんで弾けました!発表会が目標のひとつなので、また頑張ります。」

「今回は素晴らしいスタンウェイのピアノで演奏させていただくことができたので、とっても嬉しかったです!」

― 発表会を終えて、生徒さんから喜びの声がたくさん届いたようです!
なかなか演奏する機会のないスタンウェイのピアノ♪
キラキラした音色に、魅了されたという生徒さんは多かったようです!

———————————————

先生から生徒さんへの言葉

・高橋先生より

「お忙しい中、発表会に参加いただきありがとうございます!
思い通りに演奏できたという方はもしかしたら少ないのかもしれませんが、精一杯演奏されている姿にいつも感動させていただいてます。
発表会は日常ではなかなか味わえない緊張感がありますが、素晴らしい思い出になります。
また半年後のご参加よろしくお願いいたします。」

・安江先生より

「皆さん、発表会お疲れ様でした。
一人ひとり日々の練習も含め、発表会に向けてたくさん練習に励んだことと思います。
本番での思いはそれぞれあったかと思いますが、次へのステップとしてまたひとつ道が開けたことと思います。
また一緒に頑張りましょうね!」

・小森先生より
「皆さん、発表会お疲れ様でした。
多少のミスはあれども、最後まで気を抜かず、普段に近い落ち着いた演奏ができたと思います。
練習に取り組む姿勢や、曲を演奏する表現力もだんだんと身に付いてきています。次回の発表会に向けて、曲決めや練習などまた頑張って行きましょう!」

今回は、8/1に開催された発表会についてお伝えしました。
次に予定している、冬の発表会も楽しみですね!

今後も、先生にインタビューした内容などをお伝えしていきます。
アンコール通信で取り上げて欲しいテーマなどがあれば、気軽にお知らせくださいね♪

夏のピアノ発表会が開催されました♪

update:2021.08.10

世界中がオリンピックの熱気で沸いた、アツイ夏。
《音楽サロン アンコール》でも、練習の成果を発揮できるアツイ舞台が開催されました!

会場に入ると、ステージ上には多くのピアニストに愛されるスタンウェイのグランドピアノ

試しにピアノを弾く生徒さんから、“さすがに音がきれい!”という感動の声。
ピアノを弾くと自分に跳ね返ってくる音色にびっくりするほど、とても素晴らしい響きです

スタンウェイのピアノはなかなか触れられる機会がないので、テンションがあがりました。

さまざまな方の演奏が聴けるのも、発表会に参加する特典です♪

アンコールは大人のピアノ教室ですが、子どもの生徒さんもいまして
たくさん練習を頑張ってきたんだろうなぁと、勇気と感動をもらいました♪
これからの成長が楽しみですね。

大人の方は子どもの頃にピアノを習っていて、大人になってからピアノを再開したという生徒さんたちや
大人になってから初めてピアノを習ったという方などたくさんの生徒さんが参加されました。

さまざまな曲に挑戦されていて、とてもよい刺激をもらいました。

さまざまなジャンルの曲や演奏スタイルが聴けていろいろな演奏を聴くことができ、さまざまな世界観を堪能できました!
オリジナル曲を披露する方も素敵でした。
カホンといっしょに演奏する場面もあり、とても聴き応えがありました。

—————————————————————–
アンコールでは発表会を年2回開催!
生徒さんはピアノ発表会に向けて、一生懸命練習に励んできたことでしょう。

本番を迎えて、思うような演奏ができたでしょうか。
そうでなくても、今後の練習法を見直したり、新たな課題がに気付いたりと、次につながる経験になったと思います。

さらに、ほかの方の演奏を聴けたことで、さまざまな刺激を受けたのではないでしょうか。

発表会が年に2回開催されることは、アンコールの大きな魅力の1つ。
2月(予定)に開催されるピアノ発表会も楽しみです。

【ピアノ発表会】発表会への参加は100回の練習にも勝る

update:2021.07.31

いよいよ、アンコール恒例のピアノ発表会が明日になりました。
昨年秋は、初めて動画を撮影するオンライン発表会というスタイルで開催されましたが、今夏は再び生徒さん1人ひとりが生演奏を披露します♪

大人になってからピアノを始めた場合、「人前でピアノを弾くのはちょっと気が引ける…」という方もいるでしょう。
なかには、ピアノを習いたいと考えていながら、発表会が嫌だからと入会を躊躇している方がいるかもしれません。

《音楽サロン アンコール》で開催されるピアノ発表会は、希望者のみの参加となっています。
しかしながらピアノ発表会がもたらすメリットは多いと考え毎年2回開催しています。
※もちろん参加希望の方のみです。

 

🎵【ピアノ発表会】メリット

ピアノ発表会をすることには、次のようなメリットが考えられます。

*** 練習時間を確保する ***

ピアノ教室に通っていても、目標がないとなかなか練習に身が入らないと感じる方は多いのではないでしょうか。

ピアノ発表会は、確かに緊張するイベントかもしれません。
けれども、人前でピアノを弾くという舞台が整っていれば、人に聴かせられるようなレベルの演奏がしたい!と目標を高く持てるでしょう。

そのため、社会人として忙しい日々を送りながらも、練習に向けて自分を奮いだたせることができるというメリットが考えられます。

 

*** 人の演奏を聴いて刺激を受ける ***

自分以外の方の生演奏を、普段なかなか聴く機会がないと思います。

さまざまな方の演奏を聴くことはとても貴重なことであり、自分の練習によい刺激を受けることができるでしょう。

 

*** 表現力が豊かになる ***

《音楽サロン アンコール》では、人前でピアノを弾く経験を積むことが上達への近道だと考えています。

とくに、1人で黙々とピアノを弾くよりも人に聴かせる演奏を意識することで、人の感情に訴えかける演奏ができるようになるでしょう。

 

🎵【ピアノ発表会】緊張克服術
普段のレッスンでも、自宅で弾くときに比べると多少緊張するのではないでしょうか。
ましてやピアノの発表会では、弾く手やペダルを踏む足が震えてしまう人も多いでしょう。

緊張のあまりテンポが速くなってしまったり、頭が真っ白になってしまったりして、普段上手に弾けていたところで思いがけないミスをしてしまうこともあるかもしれません。

少しでも緊張がほぐれるような方法をまとめてみました。

 

*** 当たり前のことだと考える ***

ピアノの発表会ではみんな緊張していて、ドキドキするのは当たり前。
もしかすると、適度な緊張感をもったほうが普段以上の演奏ができるかもしれません。

そんなふうに考えながら、緊張する貴重な体験として楽しめるとよいですね。

 

*** 正しい音を再確認する ***

ピアノ発表会では普段何気なく弾けている音にも自信がもてなくなり、その不安から緊張してしまうことがあるかもしれません。

楽譜を見ながら演奏できる場合でも、本番を迎える前に1つひとつの音を丁寧に確認してみましょう。

 

*** 人前で弾く機会を増やす ***

自分の演奏を人に聴いてもらう経験を積み重ねることで、回を追うごとにきっと慣れてくるはず。

そのためにも、ストリートピアノがあれば弾いてみるなど、積極的に人前で弾く機会を増やしてみることが、緊張しないために効果的かもしれません。

 

🎵ピアノ発表会という貴重な時間を楽しみましょう♪
ピアノ発表会という舞台は、練習の成果を発揮できる一大イベント!

ピアノ発表会に向けて目標を抱き、達成する充実感を味わうことでレベルアップにつながるでしょう。

コンクールではないので、完璧に弾けなくても大丈夫!
楽しみながら自分らしいピアノを奏でられるとよいですね♪

 

*アンコール通信 Vol.1*

update:2021.07.29

暑さ厳しい日々が続いていますが、ピアノライフを楽しんでいますか?

今回より*アンコール通信*をお届けすることになりました♪

先生からの話を交えながら、教室にまつわる情報などをお伝えするので、毎回楽しみにしてくださいね!

 

◆先生に聞いてみました♪◆

{ レッスンにプラスしていること }

『最近は発表会が近いため曲練習のみに偏りがちですが、時間に余裕ができた時は“初見演奏”や“リズム打ち”などのソルフェージュも意識してレッスンに取り込むようにしています。』

 

いよいよアンコールの一大イベント、ピアノの発表会が近づいてきましたね。

ソルフェージュってなに?っていう生徒さんがいらっしゃるかもしれません。

気になる方は、気軽に先生に質問してみてくださいね♪

 

{ ワンポイントアドバイス }

生徒さんから、腕や手指を痛めてしまったという話をよく聞きます。 電子ピアノはアップライトピアノなどに比べると手に負担がかかりやすいため、例えば30分間練習を行う場合は、15分間の練習を2セットに分けるなどするとよいでしょう。

また、ピアノを弾くとき余計な力が入ってしまう生徒さんがいます。 軽くストレッチを行ってから練習に入ることをおすすめします。』

 

先生から、ピアノにまつわるトラブル解消のコツを聞くことができました♪

練習中に気になる症状があったときには、先生から頂いたアドバイスを試してみてはいかがでしょうか。

 

{ 今月のひとこと }

『発表会に向けて、出演者の一人ひとりが自宅練習やアンコールでのレッスンを日々頑張っています!本番の演奏がとても楽しみです!』

 

先生も、発表会をとても楽しみにしてくださっている様子です♪

練習の成果を、楽しみながら発揮できるとよいですね!

 

◆合格実績◆

アンコールでは、ピアノの試験科目を攻略するためのレッスンも行っています。

・大谷大学 合格

・光塩女子短期大学 保育科 合格

・国際大学短期大学 保育科 合格

・北翔大学 保育科 合格

・教員採用試験 合格

・通信の保育士資格 取得 合格

 

合格した皆様、おめでとうございます!!

 

◆次回予告◆

次回のアンコール通信では、ピアノの発表会の模様をお伝えしたいと思っています。

生徒さんは目前の発表会本番に向けて、より一層レッスンに励んでいることでしょう。

余り緊張せず、楽しみながら演奏できるとよいですね♪

今後【アンコール通信】で取り上げて欲しいテーマなどがあれば、気軽に先生を通してお知らせください♪

ウイーン原典版の楽譜♪

update:2021.07.08

今回は「ウイーン原典版」の楽譜について調べてみました♪
原典版とは、実際に作曲家が記した内容を忠実に再現した楽譜のことです。
作曲家の意思がそのまま反映されているので、
初めての曲を弾くときにはまず原典版に目を通すと良さそうですね。

「ウイーン原典版」は1冊も持っていないので馴染みないのですが、
日本語版は音楽之友社より出版されているようです。
目を惹く赤い楽譜がステキで、原典版の中でも比較的
リーズナブルなのが嬉しいですね♪

「ウイーン原典版」は、音楽学者と名演奏家による
共同作業により誕生した楽譜とのこと!
世界的な演奏家が運指や解説を加えているようです。
確かに、原典版でありながら指使い番号が記されているので
弾きやすそうです。

ただ、「ヘンレ版」に比べると出版数が少なく、
楽譜が圧縮されているぶん見にくいという声もあるみたいです。
原典版によっても、それぞれに特長があるのですね(^^)/♪

モチベーションについて

update:2021.06.22

こんにちは♪ちょこです(^^♪

数年前。久しぶりにピアノを弾き始めました♪
ただ、1人でコツコツ弾いていても虚しく…

教室に通い始めたことで、
次のレッスン日までにもっと上手に弾けるようになりたい!と
モチベーションがあがりました♪

とはいえ、殆ど練習しないままレッスン日がもう目前!
なんていうことも、、、

「こんな風に弾けるようになりたい」と思えるような
動画や音源に触れることで
上達したい!とモチベーションをあげました♪

クラシックやポップスなどジャンルいろいろ。
いまは、そのときどきで弾きたい曲を自由に課題にしています。
日々自分の演奏を録音しながら聞き比べると
上達している実感がもてて楽しく練習できるかもしれないですね♪

また、例えばなかなか取り組めなかった片付けや掃除など、
一度やり始めたら起動にのったりしますよね。
なので、どうもやる気がでないなぁ~と思うときは、
とりあえずピアノに向かってみることも効果大!だと思います♪

オリジナル曲のキーボード演奏♪

update:2021.05.30

こんにちは♪ちょこです(^^♪

今回は、所属バンドのメンバーが作詞作曲した曲に合わせて弾く
キーボード伴奏について、先生からコツを教わりました♪

楽譜に表記されているコードをそのまま単純に弾いても
オシャレな響きに聞こえないので、
セブンスやナインスにアレンジ♪
コードをおさえる前後に飾りをつけるとよりイイ感じに♪

さらに、伴奏のリズムが終始ワンパターンでは味気ないので
曲調に合わせて変化をつけていきました。

そして、今回もベースの音が入ることを想定して
ピアノでのベース音を抜いて弾くことも意識。
そんな風にところどころコツを踏まえて弾くと、センスアップ!
曲全体の雰囲気にもマッチして、世界観が広がりました♪

また、観客の前で演奏する場合、
決め音となるリズムはほかの楽器と合わせて
ジャンジャンと弾くほうが見映え良くなるとのこと♪
なかなか人前で演奏する機会は減ってしまいましたが…
こんなときこそスキルアップできるチャンスかもしれませんね♪

オシャレにアレンジ♪

update:2021.04.29

こんにちは♪ちょこです♡

今回は、所属バンドのメンバーが作ったオリジナル曲のキーボード伴奏についてレッスン♪

本番同様、あらかじめ用意しておいたドラムやギター、ベース音の入っている音源を流しながらピアノを弾きました。

オリジナル曲のジャンルはポップスなので、
いままで先生から受けたアドバイスを
思い出しながら、、

やはり悩ましいのは、
コードに補助的についている小さな数字。
咄嗟に我流で弾きがちな私。

「13は6だと思って弾けば大丈夫」
「9や11など、数字で指示している音は必ず入れ込む」

とはいえ、
バンドならほかの楽器がカバーするので
どこか1音でもさりげなく触れられればOK!

これらのアドバイスをもとに弾きなおしてみるとたしかにオシャレな伴奏に♪

先生がコードに沿って
素敵なフレーズを形作ります。
裏拍を意識しながら左手でリズムをつけ、
右手は流れがスムーズになるよう
メロディアスに。

先生のアレンジを参考にすると
ジャジーな雰囲気に仕上がりました♪

フランス組曲③

update:2021.03.16

こんにちは♪ちょこです(^^♪

バッハ作曲のフランス組曲第5番より、アルマンドを練習中です♪

私の楽譜は原典版なので、強弱記号などはついていません。
そのため、淡々とつまらない演奏になってしまいました(;’∀’)

先生の指導通り、曲調に合わせてところどころ
クレッシェンドやリタルダンドを意識しながら弾くと、
曲に抑揚をつけることができました♪
また、まるく弾いたほうがよいところで腕を回しながら弾くと、
音が円やかに♪

1カ所どうしても譜読みの難しい箇所が…(;’∀’)
てこずるのは、やはり3声の部分です。
指で鍵盤をおさえながら、ほかの指を使って
違うメロディーを弾くというテクニック。
楽譜を見ても、一体どこまで音を伸ばせばよいのか??
バッハの曲を譜読みするときは、今後も課題です~(;’∀’)

弾き手に表現の仕方は委ねられているので、
フランス組曲もトリルや強弱のつけ方など、
さまざまな表現方法があると知るでしょう。

好みのピアニストの弾き方を真似して、
もっとしっかり弾きこなせるようになったら
ぜひまた先生の前で弾いてみようと思います(^^)/♪

ヘンレ版の楽譜♪

update:2021.03.08

こんにちは♪ちょこです(^^♪

今回は「ヘンレ版」の楽譜について調べてみました♪
楽譜の原典版に特化した出版社で、
“ヘンレ原典版”という名前がブランド化しているようです。

「ヘンレ版」はドイツの出版社。
そのため日本語が全くなく、解説など全てドイツ語表記なので読めません、、
指使いも外国人向け?なのか、ときどき難しい、、
何よりドイツ製なので高価です(;’∀’)

けれども楽譜が大きくて見やすく、とってもかっこいいデザイン!
音大生やプロの方がよく使うそうで、ヘンレブルー☆の色合いがステキです♪

“作曲家が望む楽譜のカタチを演奏家に提供する”ということがモットー。
例えばバッハの楽譜を見ても指使い番号やスラー、強弱記号などが殆どついていません。
弾きにくいと感じることもあるのですが、自筆譜を忠実に再現しているのがわかります。

ちなみに「ヘンレ版」の楽譜は電子ファイルとしてアプリで提供されていて、
少しリーズナブルに入手もできるようですよ(^▽^)/♪