アンコールのブログ

アンコールのブログ

「大人になってからピアノを始めても遅くないってほんと?」

update:2021.12.25

大人からピアノを習い始めても大丈夫?

おうち時間を充実させたいなどの理由もあり、近年では大人になってからピアノを習う人が増えているようです。

「子どもの頃に習っていたピアノをもう一度やりたい!」
「全くの初心者だけれど、ピアノが弾けるようになりたい!」
「憧れのあの曲をピアノで弾いてみたい!」

このように思ったことはありませんか?

ピアノは小さいころからやっていないと難しいのでは?と思うかもしれません。
確かに、将来ピアノ関係の仕事に就きたいなどの夢を叶えるためには、子どもの頃からピアノを習う必要があるでしょう。

けれども、趣味としてピアノを楽しむのであれば、いつまでにスタートしなければダメだという縛りはないはずです。

やりたいと思ったときが始め時ではないでしょうか?

ピアノを習い始めるときに準備するもの

ピアノを始めるときに用意するとよいものをまとめました。

1.鍵盤楽器

住宅事情などにより、グランドピアノやアップライトピアノの購入は難しいことがあるかもしれません。

電子ピアノであればヘッドホンで騒音問題を回避できるうえ、比較的リーズナブルに揃っています。
88鍵盤のものを選ぶと、演奏の幅も広がるでしょう。

どうしても鍵盤楽器を用意することが難しい場合は、レンタルルームでピアノを借りて練習するのもひとつの方法です。

2.簡単な楽譜

最初は背伸びせず、五線譜の幅が広くて音符も大きく記されているような楽譜を選ぶとよいでしょう。

ポップスなど最近のヒット曲でも、#や♭が少ないなど簡単にアレンジされている楽譜もあるようです。

弾けるようになりたい曲の楽譜を選ぶと、練習のモチベーションが保てそうですね。

3.メトロノーム

ある程度ピアノが弾けるようになったら、メトロノームを活用してみましょう。
携帯アプリをダウンロードしたものでもOKです。

最初は遅いスピードから始めて、徐々に本来の速さで弾けるように練習を進めると、自分でレベルアップを実感できるかもしれません

ピアノが上達する大人の練習方法

大人から始めてピアノを上達させるコツをお伝えしましょう。

1.片手ずつ弾く

いきなり両手で練習せず、片手ずつ丁寧に練習します。

右手も左手もそれぞれ上手に弾けるようになってから、両手で合わせてみましょう。

2.正しい指使いで弾く

指使いが誤っていると、弾きにくいことがあります。

楽譜にふられている指使いの数字に注意しながら、スムーズに弾けないところを繰り返し練習しましょう。

3.ひたむきに努力する

ピアノに限らずそうですが、練習しなければなかなか上達しないでしょう。

逆を言えば、頑張り次第でいくらでも上手になれる可能性があるということです。

4.具体的な目標を掲げる

黙々と練習を続けていても、頑張る気力が続かなかったりするでしょう。

“1カ月以内に〇〇まで弾けるようになる!”というような具体的な目標を立てるなど、工夫しながら練習をするとよいかもしれません。

5.ピアノ教室に通う

独学だと、上手に弾けない原因がわからないこともあるでしょう。
ピアノ教室に通うと、先生からプロ目線で適切な指導を受けられるので、効率的に上達できます。

自分と同じ境遇の音楽仲間と出会えたら、よい刺激になりそうですね。

ピアノ教室に通うと、毎日がもっと楽しくなる♪

大人になってからピアノを習い始めても大丈夫!
早めに上達したいなら、ピアノのレッスンが受けられる教室に通うことをオススメします。

【音楽サロンアンコール】は、好きな曲のレッスンが受けられて日程の調整も可能。
自分のライフスタイルに合わせて無理なく通えるのは嬉しいですね。

ピアノを始めたい!という気持ちに目を向けて、まずは体験レッスンから気軽に始めてみませんか?

ショパンコンクール2021♪反田恭平さん日本歴代最高2位!

update:2021.11.06

5年に一度開催されるショパンコンクール。
昨年コロナのため延期となり、今年6年ぶりの開催となりました。

3次予選に日本人が5人も残り、ファイナルに進んだ反田恭平さんと小林愛実さんが揃って入賞と、日本人が大健闘!

今回は、日本で50年ぶりの歴代最高2位という快挙!を成し遂げた、反田恭平さんについて調べてみました♪

◆反田恭平さんのプロフィール
◎札幌生まれのサッカー少年
1994年に札幌で生まれたという反田恭平さん。
幼稚園の年長の頃に道外移住するまでは、札幌で暮らしていたそうです。

子どもの頃はサッカー選手を目指していました。
けれども小5の時サッカーの試合中に右手を骨折し、トラウマからサッカーへの道を断念してしまいます。

◎11歳から本格的にピアノを練習
運動会の応援団長をするなど、活発な男の子だった反田恭平さん。
4歳からピアノに触れていたようですが、11歳の頃から本格的にピアノを始めたようです。

その後、小6と中1のときに本物のオーケストラの指揮者を体験して感動したことがきっかけとなり、本気でピアノと向き合うように!

◎21世紀のリスト
反田恭平さんの父親は、経済的な理由などからピアノの道へ進むことに反対していたようです。

ピアニストとしては遅いスタートをきった反田恭平さんでしたが、父親に認めてもらうためにも、真剣にピアノの練習に励みました。
すると、、、

・2012年 高校在学中に第81回日本音楽コンクール第1位入賞
・2015年 イタリアのコンクールで優勝 CDデビュー

華々しい活躍により、「21世紀のリスト現る」と絶賛されるように!

◎音楽系の大学へ入学
ピアノの道へ進むことに反対していた父親も、反田恭平さんが日本音楽コンクールに優勝したことを受けて音楽系の大学への入学を許してくれたようです。

反田恭平さんは、特待生として桐朋学園大学に入学。
その後、日本人初の最高得点の首席で、モスクワ音楽院に入学しています。

◎道産子アーティストとして紹介
反田恭平さんは札幌生まれということから、2017年1月1日の北海道新聞で、『飛躍が期待される道産子アーティスト』として紹介されていました!

当時の記事によれば、、、
小さい頃から「のだめカンタービレ」と「ピアノの森」が大好きだったようです♪

◎「ピアノの森」の吹き替え演奏担当
「ピアノの森」が2018年春からTVアニメ化され、主人公の師・阿字野壮介役の吹き替え演奏を反田恭平さんが担当!

今回のショパンコンクール受賞にあたり、『ピアノの森が現実世界になった』と話題になりました♪

◎コロナ禍の活動
2020年に入ると、コロナ禍でコンサートの延期や中止が続きました。

そんななか有料配信や自身でラジオを始めるなど、クラシック界の活性化に向けた積極的な働きを行います。

◎F.ショパン国立音楽大学に在学中
現在は、F.ショパン国立音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)研究科を修了し、同大学研究科(3期目)でピオトル・パレチニに師事しています。

◆反田恭平さんがショパンコンクールに入賞できた理由とは?
◎綿密な下調べ
自身の演奏プログラム構築のため、ショパンコンクール過去2回分・800名近い全参加者の曲を事前に調べていました。

どの曲で通過した人が多いのか、どのような方が審査員なのか、全てチェックしたようです。

◎人生で一番練習
ショパンコンクールに向けて、人生で一番ピアノを練習したという反田恭平さん。

しかし、ミスタッチをしないことよりも、実はスター性やカリスマ性が大切とのこと。
感情を揺さぶるような演奏をすることが大事なことだと話します。

◎肉体と髪型を改造
日本は音響がしっかりしているようですが、オペラ劇場などでは音が隅々まで届かないことを懸念していました。
また、身長2メートルのピアニストの奏でる音に近づけるための手段として、2年前から肉体を改造。
ジムに通い、今回のショパンコンクールには万全の体系で臨めたようです。

容姿についても、海外の人に覚えてもらうため髪型をサムライ風に。
今回入賞できた背景には、数々の戦略があったのですね。

最後に、某インタビューのなかで話されていた言葉をまとめました!

◎ピアノ上達の秘訣
ただひたすらピアノを弾く練習だけではなく、次のような時間を持つことも大切。
 
・鍵盤に触らず楽譜を読む
・楽譜を絵画や図形のように見る 
・映画を見たり本を読んだりして感性を育む

◎メッセージ
・夢は願い続けていれば叶う
・目標は高く設定することが大切
・努力する過程が大事
・可能性があれば全力で
・自分を信じて強くあれ

◆「ピアノをぜひ続けて欲しい」
ショパンコンクールでの日本人の功績がメディアでも多く取り上げられたことで、改めてクラシックの魅力に触れたという方も多いのではないでしょうか。

反田恭平さんは、以前ピアノを習っていた方へ向けて、「ピアノをぜひ続けて欲しい」とも話されていました♪

「ピアノをもう一度習ってみようかな?」「ピアノを習ってみたい!」などと思った方は、まずは体験レッスンから始めてみませんか♪

初心者必見!電子ピアノの選び方

update:2021.10.02

ピアノを習い始めれば、自分の鍵盤楽器が欲しくなるでしょう。
電子ピアノはアップライトピアノよりも軽量なので、自宅に気軽に設置しやすいかもしれません。
とはいえ、さまざまな仕様の電子ピアノが販売されているため、何を基準にして選べばよいのか迷いますよね。

ピアノ初心者であれば、そもそも電子ピアノについて全くわからないという方もいるでしょう。
まずは、電子ピアノのメリットについてまとめました。

🎵電子ピアノのメリット
アップライトピアノやグランドピアノなどと比べて、電子ピアノは軽量であること以外にも次に挙げるような利点が挙げられます。

*** ヘッドホンを使用できる ***
ほとんどの電子ピアノは、ヘッドホンを使用できるようになっています。
そのため、集合住宅でも隣近所を気にせずに弾けるでしょう。
また、夜間でも音漏れの心配がなく、時間を気にせずピアノの練習ができることも嬉しいポイントです。

*** 移動がラク ***
一般のピアノでは一度決めた設置場所を変えることは困難ですが、電子ピアノであれば卓上でも使えるようなコンパクトなものもあり、比較的ラクに移動させることができます。
スタンドの取り外しができて持ち運び可能な電子ピアノであれば、場所を選ばず演奏が楽しめそうですね。

*** リーズナブル ***
とりあえず鍵盤楽器が欲しいと考えているのなら、電子ピアノはアップライトピアノなどに比べてリーズナブルなものから揃っているので、気軽に購入できるでしょう。
電子ピアノは比較的安価なだけでなく、一般のピアノのように定期的な調律なども不要です。

*** メトロノーム付 ***
ほとんどの電子ピアノには、メトロノームが内蔵されています。
ピアノを練習するにあたり、早いうちから一定のリズムで弾けるように訓練をしておくと、テンポが乱れることなく心地よい音楽を奏でられるようになるでしょう。

*** 録音機能付 ***
ほとんどの電子ピアノには、演奏をその場で録音できる機能もついています。
自分の演奏を振り返ることで改善点に気付けたりするので、上達への近道になりそうですね。

🎵初心者が電子ピアノを選ぶポイント
それでは、ピアノ初心者の方はどのような点に気を付けて電子ピアノを購入するとよいのでしょうか。

*** 鍵盤のタッチ ***
電子ピアノにより、鍵盤を触ったり弾いたりしたときの感触は違うものです。
なかには本物のピアノに近い感覚で弾ける電子ピアノもあるので、実際に店頭で試し弾きしてみるとよいでしょう。

*** 鍵盤数 ***
電子ピアノにより、鍵盤の数は61鍵・71鍵・73鍵とさまざまですが、一般的なピアノは88鍵で統一されています。
そのため設置場所などに問題がなさそうであれば、88鍵の電子ピアノを選ぶことで、ピアノレッスンに差し障りなく練習を進めることができるでしょう。

*** ペダル搭載 ***
ピアノのレッスンを続けるなかで、この先あらゆる曲が弾けるように練習を積むことでしょう。
ペダルがあれば演奏の幅が広がるので、ペダルが搭載されている電子ピアノを選ぶことをおすすめします。

🎵自分に合った電子ピアノを購入しよう
あらゆる機能が搭載されている、電子ピアノ。
複数の音色で弾くことができたり、デモ演奏機能がついていたりするので、楽しみ方が広がりそうです。

デザインもさまざまなので、部屋のインテリアとの調和を考えながら選んでもよいかもしれません。
どのような仕様であれば練習を続けやすいかという点にも着目しながら、自分に合った電子ピアノに巡り合えるとよいですね。

夏のピアノ発表会が開催されました♪

update:2021.08.10

世界中がオリンピックの熱気で沸いた、アツイ夏。
《音楽サロン アンコール》でも、練習の成果を発揮できるアツイ舞台が開催されました!

会場に入ると、ステージ上には多くのピアニストに愛されるスタンウェイのグランドピアノ

試しにピアノを弾く生徒さんから、“さすがに音がきれい!”という感動の声。
ピアノを弾くと自分に跳ね返ってくる音色にびっくりするほど、とても素晴らしい響きです

スタンウェイのピアノはなかなか触れられる機会がないので、テンションがあがりました。

さまざまな方の演奏が聴けるのも、発表会に参加する特典です♪

アンコールは大人のピアノ教室ですが、子どもの生徒さんもいまして
たくさん練習を頑張ってきたんだろうなぁと、勇気と感動をもらいました♪
これからの成長が楽しみですね。

大人の方は子どもの頃にピアノを習っていて、大人になってからピアノを再開したという生徒さんたちや
大人になってから初めてピアノを習ったという方などたくさんの生徒さんが参加されました。

さまざまな曲に挑戦されていて、とてもよい刺激をもらいました。

さまざまなジャンルの曲や演奏スタイルが聴けていろいろな演奏を聴くことができ、さまざまな世界観を堪能できました!
オリジナル曲を披露する方も素敵でした。
カホンといっしょに演奏する場面もあり、とても聴き応えがありました。

—————————————————————–
アンコールでは発表会を年2回開催!
生徒さんはピアノ発表会に向けて、一生懸命練習に励んできたことでしょう。

本番を迎えて、思うような演奏ができたでしょうか。
そうでなくても、今後の練習法を見直したり、新たな課題がに気付いたりと、次につながる経験になったと思います。

さらに、ほかの方の演奏を聴けたことで、さまざまな刺激を受けたのではないでしょうか。

発表会が年に2回開催されることは、アンコールの大きな魅力の1つ。
2月(予定)に開催されるピアノ発表会も楽しみです。

【ピアノ発表会】発表会への参加は100回の練習にも勝る

update:2021.07.31

いよいよ、アンコール恒例のピアノ発表会が明日になりました。
昨年秋は、初めて動画を撮影するオンライン発表会というスタイルで開催されましたが、今夏は再び生徒さん1人ひとりが生演奏を披露します♪

大人になってからピアノを始めた場合、「人前でピアノを弾くのはちょっと気が引ける…」という方もいるでしょう。
なかには、ピアノを習いたいと考えていながら、発表会が嫌だからと入会を躊躇している方がいるかもしれません。

《音楽サロン アンコール》で開催されるピアノ発表会は、希望者のみの参加となっています。
しかしながらピアノ発表会がもたらすメリットは多いと考え毎年2回開催しています。
※もちろん参加希望の方のみです。

🎵【ピアノ発表会】メリット

ピアノ発表会をすることには、次のようなメリットが考えられます。

*** 練習時間を確保する ***

ピアノ教室に通っていても、目標がないとなかなか練習に身が入らないと感じる方は多いのではないでしょうか。

ピアノ発表会は、確かに緊張するイベントかもしれません。
けれども、人前でピアノを弾くという舞台が整っていれば、人に聴かせられるようなレベルの演奏がしたい!と目標を高く持てるでしょう。

そのため、社会人として忙しい日々を送りながらも、練習に向けて自分を奮いだたせることができるというメリットが考えられます。

*** 人の演奏を聴いて刺激を受ける ***

自分以外の方の生演奏を、普段なかなか聴く機会がないと思います。

さまざまな方の演奏を聴くことはとても貴重なことであり、自分の練習によい刺激を受けることができるでしょう。

*** 表現力が豊かになる ***

《音楽サロン アンコール》では、人前でピアノを弾く経験を積むことが上達への近道だと考えています。

とくに、1人で黙々とピアノを弾くよりも人に聴かせる演奏を意識することで、人の感情に訴えかける演奏ができるようになるでしょう。

🎵【ピアノ発表会】緊張克服術
普段のレッスンでも、自宅で弾くときに比べると多少緊張するのではないでしょうか。
ましてやピアノの発表会では、弾く手やペダルを踏む足が震えてしまう人も多いでしょう。

緊張のあまりテンポが速くなってしまったり、頭が真っ白になってしまったりして、普段上手に弾けていたところで思いがけないミスをしてしまうこともあるかもしれません。

少しでも緊張がほぐれるような方法をまとめてみました。

*** 当たり前のことだと考える ***

ピアノの発表会ではみんな緊張していて、ドキドキするのは当たり前。
もしかすると、適度な緊張感をもったほうが普段以上の演奏ができるかもしれません。

そんなふうに考えながら、緊張する貴重な体験として楽しめるとよいですね。

*** 正しい音を再確認する ***

ピアノ発表会では普段何気なく弾けている音にも自信がもてなくなり、その不安から緊張してしまうことがあるかもしれません。

楽譜を見ながら演奏できる場合でも、本番を迎える前に1つひとつの音を丁寧に確認してみましょう。

*** 人前で弾く機会を増やす ***

自分の演奏を人に聴いてもらう経験を積み重ねることで、回を追うごとにきっと慣れてくるはず。

そのためにも、ストリートピアノがあれば弾いてみるなど、積極的に人前で弾く機会を増やしてみることが、緊張しないために効果的かもしれません。

🎵ピアノ発表会という貴重な時間を楽しみましょう♪
ピアノ発表会という舞台は、練習の成果を発揮できる一大イベント!

ピアノ発表会に向けて目標を抱き、達成する充実感を味わうことでレベルアップにつながるでしょう。

コンクールではないので、完璧に弾けなくても大丈夫!
楽しみながら自分らしいピアノを奏でられるとよいですね♪

ウイーン原典版の楽譜♪

update:2021.07.08

今回は「ウイーン原典版」の楽譜について調べてみました♪
原典版とは、実際に作曲家が記した内容を忠実に再現した楽譜のことです。
作曲家の意思がそのまま反映されているので、
初めての曲を弾くときにはまず原典版に目を通すと良さそうですね。

「ウイーン原典版」は1冊も持っていないので馴染みないのですが、
日本語版は音楽之友社より出版されているようです。
目を惹く赤い楽譜がステキで、原典版の中でも比較的
リーズナブルなのが嬉しいですね♪

「ウイーン原典版」は、音楽学者と名演奏家による
共同作業により誕生した楽譜とのこと!
世界的な演奏家が運指や解説を加えているようです。
確かに、原典版でありながら指使い番号が記されているので
弾きやすそうです。

ただ、「ヘンレ版」に比べると出版数が少なく、
楽譜が圧縮されているぶん見にくいという声もあるみたいです。
原典版によっても、それぞれに特長があるのですね(^^)/♪

モチベーションについて

update:2021.06.22

こんにちは♪ちょこです(^^♪

数年前。久しぶりにピアノを弾き始めました♪
ただ、1人でコツコツ弾いていても虚しく…

教室に通い始めたことで、
次のレッスン日までにもっと上手に弾けるようになりたい!と
モチベーションがあがりました♪

とはいえ、殆ど練習しないままレッスン日がもう目前!
なんていうことも、、、

「こんな風に弾けるようになりたい」と思えるような
動画や音源に触れることで
上達したい!とモチベーションをあげました♪

クラシックやポップスなどジャンルいろいろ。
いまは、そのときどきで弾きたい曲を自由に課題にしています。
日々自分の演奏を録音しながら聞き比べると
上達している実感がもてて楽しく練習できるかもしれないですね♪

また、例えばなかなか取り組めなかった片付けや掃除など、
一度やり始めたら起動にのったりしますよね。
なので、どうもやる気がでないなぁ~と思うときは、
とりあえずピアノに向かってみることも効果大!だと思います♪

オリジナル曲のキーボード演奏♪

update:2021.05.30

こんにちは♪ちょこです(^^♪

今回は、所属バンドのメンバーが作詞作曲した曲に合わせて弾く
キーボード伴奏について、先生からコツを教わりました♪

楽譜に表記されているコードをそのまま単純に弾いても
オシャレな響きに聞こえないので、
セブンスやナインスにアレンジ♪
コードをおさえる前後に飾りをつけるとよりイイ感じに♪

さらに、伴奏のリズムが終始ワンパターンでは味気ないので
曲調に合わせて変化をつけていきました。

そして、今回もベースの音が入ることを想定して
ピアノでのベース音を抜いて弾くことも意識。
そんな風にところどころコツを踏まえて弾くと、センスアップ!
曲全体の雰囲気にもマッチして、世界観が広がりました♪

また、観客の前で演奏する場合、
決め音となるリズムはほかの楽器と合わせて
ジャンジャンと弾くほうが見映え良くなるとのこと♪
なかなか人前で演奏する機会は減ってしまいましたが…
こんなときこそスキルアップできるチャンスかもしれませんね♪

オシャレにアレンジ♪

update:2021.04.29

こんにちは♪ちょこです♡

今回は、所属バンドのメンバーが作ったオリジナル曲のキーボード伴奏についてレッスン♪

本番同様、あらかじめ用意しておいたドラムやギター、ベース音の入っている音源を流しながらピアノを弾きました。

オリジナル曲のジャンルはポップスなので、
いままで先生から受けたアドバイスを
思い出しながら、、

やはり悩ましいのは、
コードに補助的についている小さな数字。
咄嗟に我流で弾きがちな私。

「13は6だと思って弾けば大丈夫」
「9や11など、数字で指示している音は必ず入れ込む」

とはいえ、
バンドならほかの楽器がカバーするので
どこか1音でもさりげなく触れられればOK!

これらのアドバイスをもとに弾きなおしてみるとたしかにオシャレな伴奏に♪

先生がコードに沿って
素敵なフレーズを形作ります。
裏拍を意識しながら左手でリズムをつけ、
右手は流れがスムーズになるよう
メロディアスに。

先生のアレンジを参考にすると
ジャジーな雰囲気に仕上がりました♪

フランス組曲③

update:2021.03.16

こんにちは♪ちょこです(^^♪

バッハ作曲のフランス組曲第5番より、アルマンドを練習中です♪

私の楽譜は原典版なので、強弱記号などはついていません。
そのため、淡々とつまらない演奏になってしまいました(;’∀’)

先生の指導通り、曲調に合わせてところどころ
クレッシェンドやリタルダンドを意識しながら弾くと、
曲に抑揚をつけることができました♪
また、まるく弾いたほうがよいところで腕を回しながら弾くと、
音が円やかに♪

1カ所どうしても譜読みの難しい箇所が…(;’∀’)
てこずるのは、やはり3声の部分です。
指で鍵盤をおさえながら、ほかの指を使って
違うメロディーを弾くというテクニック。
楽譜を見ても、一体どこまで音を伸ばせばよいのか??
バッハの曲を譜読みするときは、今後も課題です~(;’∀’)

弾き手に表現の仕方は委ねられているので、
フランス組曲もトリルや強弱のつけ方など、
さまざまな表現方法があると知るでしょう。

好みのピアニストの弾き方を真似して、
もっとしっかり弾きこなせるようになったら
ぜひまた先生の前で弾いてみようと思います(^^)/♪